髪の毛は、女性らしい印象を作り出すためにとても大事な要素となります。しかし、女性でも薄毛になってしまうことがあり、薄毛を予防するためには日ごろからの予防がとても大事になってきます。

薄毛の予防として、育毛剤の使用を考えている人は多くいますが、どのような育毛剤を選べばいいのかわからないという人もいるでしょう。

そこで、今回は薄毛の原因を解説したあとで、正しい育毛剤の選び方についても詳しく解説していきます。

薄毛や抜け毛の原因

女性が薄毛になってしまうのには、いくつかの原因があります。

まずは、遺伝や体質です。薄毛になりやすい体質というのは遺伝します。これは科学的にも証明されていますが、親が薄毛だからといって自分も必ず薄毛になるということではありません。必ず薄毛になるという捉え方よりも、薄毛になりやすいという捉え方が正しいと言えるでしょう。

また、加齢によって薄毛になってしまうこともあり、これは、細胞の減少や機能低下が原因となっていることが多いです。この細胞の減少や機能低下はホルモンバランスの乱れを引き起こすこともあり、これも薄毛の原因になります。ホルモンバランスの乱れは加齢だけでなく、ストレスが原因で起こることもあります。そのため、ストレスを溜めすぎてしまっても薄毛になるのです。

さらに、栄養不足というのも薄毛の原因の一つで、髪の成長に必要な栄養素が頭皮に行きわたらなくなってしまい薄毛になります。また、運動不足にも注意が必要です。運動不足になると、血液の循環が悪くなるため、頭皮に栄養を運ぶことができなくなってしまうのです。その他に、睡眠不足も薄毛と大きく関係しています。睡眠をしっかりとることで、成長ホルモンが分泌されますが、睡眠不足になってしまうと、成長ホルモンの分泌量が少なくなってしまい、髪の毛の成長を妨げてしまうのです。

薄毛や抜け毛の予防法

女性が薄毛になってしまうことを予防するための方法もいくつかあります。

まずは、タンパク質を積極的に摂ることです。タンパク質は、髪が成長するために必要なケラチンを作ることができます。タンパク質が多く含まれている食品は、牛乳や肉、魚や貝類などです。また、豆類やジャガイモなどにも多く含まれています。

更に、頭皮のマッサージをすることも薄毛予防となります。頭皮が硬くなってしまうと血液の循環が悪くなる場合もあり、薄毛になりやすくなってしまうのです。そこで、自分で頭皮をマッサージしてほぐすことが大事です。

他に、シャンプーの選び方も大切で、自分の頭皮や髪質に合った物を選ぶことがポイントです。自分に合わないシャンプーを使って頭を洗ってしまうと、頭皮に湿疹が出たり、かゆみや痛みが出てしまったりする場合もあります。

育毛剤で予防は可能?

女性の薄毛は育毛剤で予防することができます。

しかし、育毛剤にはいくつか種類があり、抜け毛予防に効果的なのは医薬部外品です。育毛剤は、一般的に医薬部外品で、生えている毛を太く、強い毛にし、髪が生えやすくするためのものです。

薄毛を予防したいという場合には、今生えている毛に対する効果を期待したいため、この医薬部外品を使うことが大事なのです。

一方で、医薬品は発毛剤と呼ばれ、毛が生えていない場所から新しく毛を増やすためのものになります。

また、育毛剤を使う時には、シャンプーと同様に自分にあったものを選ぶことが大切です。自分では判断できない場合には、専門家のアドバイスを受けながら選ぶといいでしょう。

薄毛予防に効果的な育毛剤の選び方

薄毛予防に効果的な育毛剤を選ぶためには、まず、有効成分がしっかり配合されている物を選びましょう。

例えば、ニコチン酸アミド(毛母細胞を活性化させる役割)や塩化カルプロニウム(頭皮の血管を拡張させる役割)など、たくさんの種類があります。そのため、薄毛に有効な成分を把握しておくことがとても大切です。

また、無添加で低刺激なものを選ぶこともポイントになります。無添加の育毛剤であれば、頭皮にも優しいですし、副作用のリスクも大幅に減ります。したがって、肌の弱い人でも比較的安心して使えうことが可能です。

そして、アルコール配合量が少ない物を選ぶことも重要になります。アルコール配合量が多いと頭皮への刺激が強くなってしまい、肌が弱い人の場合は肌荒れを起こしてしまうこともあるのです。

更に、医薬部外品を選ぶことをおすすめします。医薬部外品を使用することで副作用のリスクを大幅に減らすことができるため、安全性が高いと言えます。

ただし、医薬部外品であれば何でもいいのかというとそうではありません。自分の頭皮に合うものとそうでないものがあるため、慎重に選ぶことが必要です。ですが、何の知識もない素人の場合、自分にあった育毛剤を判断することは難しいでしょう。

そのため、心配であれば一度専門家を受診し、アドバイスを受けることをおすすめします。

何歳くらいから予防が必要?

女性の中には、何歳くらいから薄毛予防をしておくべきなのかわからないという人もいるでしょう。例えば、10代や20代でもストレスなどにとって薄毛になってしまうことがあります。

その他にも、生活習慣の乱れや、パーマや紫外線などによる頭皮ダメージによって薄毛になってしまうことも考えられます。そのため、若いからといって安心はできません。

将来薄毛にならないためにも、若いうちから頭皮や髪の毛にダメージを与えないように意識することがとても大事です。

また、30代になると、加齢による薄毛が気になりはじめる場合が少なくありません。したがって、一般的には、30代頃からの予防がおすすめです。

しかし、10代や20代の女性でも、予防が必要な場合があります。中でも、10代から女性が育毛剤を使って薄毛を予防する場合、使える育毛剤に制限があるため注意が必要です。

強い成分を配合している育毛剤を使ってしまうと、副作用が出てしまうこともあります。

日常生活でも薄毛予防を心がけよう!

薄毛の予防を全て育毛剤に頼るのではなく、日常生活でも薄毛予防を心がけることが大事になってきます。

まずは、規則正しい生活リズムを作ることが大切でそれには、栄養バランスの良い食事をとる必要があります。女性の中には、ダイエットで食事を抜くという人もいますが、あまりおすすめできません。

食事を抜くことによってストレスが溜まってしまう人もいますし、頭皮に必要な栄養を届けることもできなくなってしまいます。そのため、しっかりと3食食べることが大切です。

その際には、タンパク質だけでなく、ビタミンやその他の栄養素もバランスよく摂取することで、薄毛を予防する事だけでなく健康面でもたくさんのメリットを得ることができます。

加えて、しっかりと睡眠をとるということも非常に大切です。また、浅い眠りでは成長ホルモンが多く分泌されにくくなってしまうため、睡眠の質を上げることもポイントと言えます。睡眠をしっかりとることで、薄毛の予防だけでなく、免疫機能の維持などたくさんのメリットがあります。

さらに、適度に運動をすることも大事です。そうすることで血液の循環が良くなり、頭皮に必要な栄養素をしっかり届けることができます。

ハードな運動ではなく、ウォーキングやランニングなどから始めてみることがおすすめです。運動をするということは、もちろん血液の循環を良くしてくれる効果もありますが、ストレスを発散するという効果もあります。

つまり、運動をすることで、薄毛の原因となる2つの要素を解消することができるのです。