「薄毛は男性特有の症状」と思われがちですが、女性の中にも薄毛やハゲに悩んでいる方は少なくありません。

生活環境の変化、精神的疲労の蓄積などによって、髪の毛が徐々に薄くなっている若年層の女性は多いです。そこで今回は、育毛剤を活用して若ハゲを解消するコツを紹介します。

若ハゲが気になっている方、健康的な毛髪を手に入れたい方は要チェックです。誤った方法で髪の毛を手入れしている場合、薄毛が進行する可能性が高いため注意しましょう。

若くてもハゲができる!?

ハゲとは、毛髪が減り地肌が目立っている状態を意味しています。加齢や老化によって髪の毛の生育が難しくなり、薄毛が進行するリスクが高まります。

ただし、若いからといってハゲにならない訳ではありません。多種多様な因子が複合化し、若ハゲを引き起こしています。

例えば、毎日同じ髪型にセットする習慣はハゲの要因となります。定期的に分け目を変えなければ、髪の毛にクセがつき分け目が目立ちます。分け目が悪目立ちする状況もハゲの一種です。”

ハゲができてしまう原因

ハゲは遺伝する確率が高い症状です。両親もしくは祖父母がハゲている場合、薄毛が発生しやすいと言えます。ただしハゲやすい体質を受け継いだからといって、必ず髪の毛が薄くなる訳ではありません。
遺伝や体質以外にも、薄毛になる原因は多種多様にあります。

例えば、心身の不調の原因となりやすいストレスは、健康的な毛髪や頭皮の育成にも影響を及ぼしかねません。定期的にストレスを発散する習慣を持っていない方、自身の考えや感情を他者に上手く伝えられない方はストレスを溜め込みやすいです。

脳が精神的ストレスの増大を感じた場合、頭皮に十分な栄養が供給されない状態に陥る可能性が高まります。

ストレスと共に、ホルモンバランスの乱れも抜け毛の増大に起因しています。髪の毛は、女性ホルモンが正常に分泌されることによって成長します。

しかし、何らかの原因で女性ホルモンの分泌量が変動すると抜け毛が起きやすくなります。ホルモンバランスは、加齢やストレスによって不調を来すケースが多いです。

その他、不摂生もハゲの原因の1つとなっています。若ハゲに悩んだ折には、日頃の生活習慣を振り返り是正することが大切です。

さらに喫煙する習慣を持っている方は禁煙を心掛ける必要があります。タバコは、一時的にリラックス効果を得られるものの毛髪の育成を阻害する要因になりかねません。

また、バレッタやゴムで髪の毛を束ねる習慣も要注意です。過度に引っ張って束ねていると、毛髪にも頭皮にも負担がかかり薄毛を引き起こしやすいです。”

若ハゲに育毛剤が効果的!?

若ハゲに悩んでいる女性は、育毛剤を使用してみましょう。育毛剤は、頭皮の環境を整え、発毛・育毛を促す効果があります。

用法を守って使い続ける中で、髪の毛や頭皮が変化している様子を実感できます。育毛剤の中でも、医薬品や医薬部外品は育毛に有効な成分が配合されており、効果を得やすいです。

いずれの育毛剤が自分の症状に合致するのか分からない場合には、先ず医薬品もしくは医薬部外品を試してみましょう。尚、短期間での改善は難しいため、根気強く使い続けることが大切です。

10代に効果的な育毛剤の選び方

10代の方々が育毛剤を選ぶ際には、配合されている成分をチェックしましょう。ミノキシジル・プロペシア・デュタステリドが含まれている育毛剤を未成年が使用した場合、副作用が出る可能性が高いです。

育毛剤の中でも、医薬品や錠剤はミノキシジルなどの成分が配合されているタイプが多いです。

また、「未成年は使用禁止」と記載していない育毛剤でもリスクはあります。特に、安価な製品はアルコールが大量に配合されているタイプが多く、刺激が強いです。

頭皮が柔らかい10代が使った場合、炎症や乾燥などのトラブルを引き起こしやすくなります。

未成年の薄毛対策には、天然由来の成分がメインの育毛剤が役立ちます。天然由来の成分を高濃度で含有している製品であれば、未成年でも安心して使えますよ。

参考:10代の女性は早すぎる!?育毛剤を使う際の注意点とは

20代に効果的な育毛剤の選び方

20代が育毛剤を購入する時には、製品のパッケージを見て効能を確認しましょう。頭皮の血行を促進させる効果がある製品を選べば、健康的な髪の毛を成育するチャンスが高まります。

頭皮に点在している毛母細胞は、毛細血管によって酸素や栄養分が供給され髪の毛を作り出しています。若ハゲの方々は、血行不良に伴って太い髪が育ちにくい状態に陥っているケースが少なくありません。

育毛剤で血行不良の改善を試みることによって、丈夫な髪の毛の増加を期待できます。血行促進の効果がある成分は、センブリエキスやジフェンヒドラミンなどがあります。

毛根を活性化させる育毛剤も有用です。髪の毛が抜けやすい状態に陥っている場合、毛根の機能が一時的に停止しています。育毛剤で毛根に栄養を与え、働きを活発化させる必要があります。

また、ホルモンバランスの改善へと繋がる成分を配合しているか否かも要チェックです。不調の原因を排除するだけでなく、育毛剤を適宜利用し、早急にホルモンバランスを整えましょう。

因みに、刺激が強い育毛剤は、肌荒れを引き起こしやすい上に継続的な利用が難しいため要注意です。肌への負担を考慮して成分を配合している製品を選びましょう。

特に、アレルギー体質の方、敏感肌の方は入念にリサーチした上で育毛剤を購入することが望ましいです。安易な考えで格安の商品を手に取ったことによって、自身の肌質や症状に合わず、後悔する事態になりかねません。

安心して使い続けられるか否かを見極め、購入する育毛剤を決めましょう。

参考:20代でも早過ぎない!女性のための育毛剤の選び方とは?

育毛剤だけに頼らない!若ハゲ改善のためのポイント

若ハゲを改善したい方は、先ず生活習慣の是正に取り組みましょう。栄養のバランスが悪い食事が長期間にわたって継続すると、毛根が髪の毛を作り出すことが難しくなります。

そのため、朝昼夕に欠かさず食事をとり、体調を整える必要があります。中でも、たんぱく質・ミネラル・ビタミンは、健康的な美しい髪の毛を育てる上で重要な成分のため、積極的に摂取しましょう。

逆に、揚げ物など脂肪分の多い食事は頭皮に悪影響を及ぼしやすいので、過剰摂取を控えることが望ましいです。また、アルコールや刺激物を大量に摂取する行為も好ましくありません。

食事だけでなく、休養も大切です。慢性的に休息する時間が不足している方々は、ストレスを感じやすく、薄毛の範囲が広がりやすいですよ。1日につき7時間程度の睡眠をとりましょう。

但し、十分な睡眠時間をとっていても生活のリズムを整えていなければ、意味がありません。夜更かしを控え、22時~2時には就寝して身体を休めましょう。

生活のリズムが狂った際には、ホルモンバランスの乱れによって、細い毛髪が増えやすくなります。

さらに、運動不足は発毛・育毛の大敵です。定期的に運動する習慣がない方は頭皮の血流が悪くなり、抜け毛が増える可能性が高いです。

ストレッチやウォーキングを日頃から行っていると、血流が良くなり、身体の隅々に栄養分が行き渡り、薄毛防止を図れます。その他にも、運動や休養と共に、趣味の時間を大切にし、ストレスを発散させましょう。

ストレスは、薄毛だけでなく、あらゆる病気の原因になりかねません。知らず知らずの間にストレスを溜め込んでしまう方は注意が必要です。

尚、心の病によって若ハゲが起きている方は専門の医療機関を受診しましょう。カウンセリングを受け続ける中で、解決の糸口を見つけられますよ。

一人で悩みを抱えこむタイプは、心因性の薄毛を発症しやすいです。何でも気軽に話せる良き相談相手を見つけることが先決です。