薄毛は男性だけの悩みではありません。女性でも薄毛に悩んでいる方は多くいます。中でもつむじハゲに悩んでいるという女性は多いのではないでしょうか。

つむじが薄くなると髪のボリュームがなくなり、髪のセットも上手く決まらなくなってしまいますよね。

薄毛に悩む女性によく利用されているのが育毛剤ですが、はたしてつむじハゲにも効果があるのでしょうか。今回の記事ではつむじハゲを改善するために、育毛剤が効果的なのか紹介していきます。

つむじハゲとは?

つむじは頭頂部にある髪の毛が渦巻き状になっている部分のことです。どんな形状になっているかは人それぞれで、右回りになっている人もいれば、左回りになっている人もいます。このつむじの部分が薄くなってしまうことを、つむじハゲと呼ぶことが多いです。

つむじは鏡で見えにくい部分なので、薄くなっているかどうか自分で確認するのは難しいですよね。しかし、他人から見ると意外と目立つ部分なので注意してください。

周りに気軽に薄くなっているか聞ける人がいればよいですが、人に薄毛をチェックしてもらうのってちょっと恥ずかしいですよね。そういう時は自分でチェックするしかありません。鏡を使う場合は1つでは確認が難しいので、合わせ鏡を使うとよいでしょう。または普通の鏡と手鏡を使って確認してみるのもよいですね。

ちょっと裏ワザ的になりますが、スマホのカメラで頭頂部を撮影してみるのもおすすめです。写真にとっておけば、どのくらい薄毛が進行しているか後から確認しやすくなります。定期的に撮影しておけば、経過が観察できるので便利ですね。

つむじハゲになってしまう原因

つむじハゲになってしまう原因は色々ありますが、ホルモンバランスの乱れもよくある原因の一つです。

ホルモンというのは人間の身体に作用する大切な要素で、このバランスが乱れてしまうと様々な異変となって現れます。これは髪の毛にも言えることで、健康的な髪の毛を育てるためにはホルモンバランスを整えることは欠かせません。

特に、重要なのが女性ホルモンです。女性ホルモンの中にエストロゲンというものがあるのですが、これは髪の毛を成長させたり髪の毛の成長期間を持続させたりする働きがあります。ホルモンバランスの乱れでエストロゲンが減少してしまうと、薄毛を招いてしまうというわけですね。

他にも、栄養不足や加齢、ストレスなども薄毛の原因になってしまいます。食生活が乱れて栄養不足になると、髪の成長に必要な栄養素が足りなくなり髪が育たなくなります。

加齢は女性ホルモンの現象の原因の一つで、年齢を重ねると健康な髪が育ちにくくなるので、薄毛になりやすくなってしまうのです。

ストレスは自律神経を緊張させる要因の一つで、このせいで血管が収縮してしまい毛乳頭へ十分な栄養が届かなくなります。こういった要素も、薄毛の原因になるので注意してください。

また、紫外線も薄毛の原因になると言われています。紫外線は頭皮へダメージを与えてしまうため、頭皮環境が乱れ髪の成長を妨げます。頭皮が紫外線によって乾燥したり、荒れてしまったりすると薄毛のリスクが高まります。

つむじハゲに育毛剤は効果的?

つむじハゲになってしまった時、どういう対処をすればよいか気になる所でしょう。よくあるのが育毛剤を使う方法ですが、実際効果はあるのでしょうか。

育毛剤というのは頭皮を正常な状態へ導く効果が期待できます。頭皮環境の乱れが薄毛に繋がることもあるため、育毛剤で頭皮環境を整えることはつむじハゲにも効果的といえます。

大切なのは早い段階で育毛剤を使うということです。薄毛は進行してしまうとその分改善が難しくなってしまいます。進行する前に育毛剤を使えば、薄毛のリスクを最小限に抑えることもできるでしょう。

つむじハゲに効果的な育毛剤の選び方

つむじハゲに悩む女性の中には、どんな育毛剤を使えばよいか迷っている方もいるのではないでしょうか。育毛剤は色々な種類が出ているので、その中から効果の期待できるものを選択することが大切です。

まず見ておきたいのが保湿効果の高さでしょう。薄毛に悩んでいる女性の中には、頭皮が乾燥していることも多いです。頭皮が乾燥してしまうと、紫外線などからダメージを受けやすくなります。

しっかりと潤った肌なら紫外線のダメージを吸収できるのですが、乾燥していると肌の奥にまでダメージが浸透してしまいます。これを防ぐためにも、保湿効果の高い育毛剤を選ぶことは重要です。

また、血行が悪くなると頭皮に栄養が届きにくくなり、薄毛を促進させる原因にもなるので血行をよくする成分がたくさん含まれているかにも注目しましょう。

センブリエキスやニンジンエキス、ニコチン酸アミドなどが血行促進目的でよく使用される成分です。こういった成分がしっかりと配合されているか見て選ぶようにしてください。

ヘアサイクルの乱れも薄毛の原因の一つです。ヘアサイクルが乱れると髪が成長しきる前に髪が抜けてしまい、健康的な髪が育たなくなります。ヘアサイクルを正常に戻すことも薄毛改善には重要です。

育毛剤の中にはヘアサイクルを正常に戻す効果が期待できるものもあるので、そういった商品を選ぶようにするとよいでしょう。

薄毛に悩む方の中には、肌が弱いという方もいるかもしれません。そういった方は、低刺激で無添加の育毛剤がベストです。

低刺激で無添加の育毛剤なら肌が弱い方も安心して使用できます。もちろん肌が弱いという実感がない方も、こういった育毛剤を選んでおくほうが安心でしょう。

つむじハゲ対策で避けたい育毛剤とは

つむじハゲに効果的な育毛剤の選び方を紹介しましたが、逆にどんな育毛剤を避けたほうがよいのか見ていきましょう。

まず、女性が使うなら男性用の育毛剤は避けたほうが無難です。男性向けの育毛剤というのは、男性の薄毛に効果があるように作られています。女性が使ってもあまり効果が出ないばかりか、副作用が出てしまう危険もあるのでおすすめできません。

また、育毛剤の中には添加物を多く使用していたり、頭皮への刺激が強かったりするものがあります。添加物は多く入っていると肌トラブルのリスクが高まってしまうので、なるべく添加物が少ないもの、もしくは無添加のものを選んだほうがよいです。

さらに、頭皮への刺激が強いと肌荒れを起こしてしまい、薄毛が改善するどころか悪化させてしまう場合もあります。なるべく低刺激の育毛剤を選ぶようにしましょう。

さらに、いくら有効成分が入っていても、その量が少ないと効果があまり期待できません。安い育毛剤の中には有効成分が少ないものもあるので、どういった成分が入っているかだけでなく、どの程度の量が入っているのかもしっかり見ておきましょう。

つむじハゲは生活習慣から見直しを!

育毛剤を使うことでつむじハゲを改善させる効果は期待できますが、それだけではなかなか効果が現れないでしょう。大切なのは育毛剤を使いながら、生活習慣をしっかりと見直すことです。

つむじハゲの主な原因は生活習慣の乱れにあります。いくら育毛剤を使用しても、生活習慣を見直さなければ根本的な解決には繋がりません。生活習慣を見直し、根本から改善を目指すことが大切です。

まずは生活リズムを整えるように努力してみましょう。仕事や夜更かしで毎日夜遅くまで起きているという方や、寝る時間が毎日違うという方は、なるべく同じ時間に眠るように努力してください。髪の毛というのは寝ている間に成長しやすいものです。

睡眠不足も薄毛の原因の一つなので、生活リズムを整え十分な睡眠をとるように心掛けましょう。

また、栄養バランスのよい食事をとることも大切です。インスタント食品ばかり食べている、野菜を殆ど食べないような食事では、髪を育てるための栄養が不足してしまいます。

その他に、適度に運動することも大切ですね。運動不足は血行不良を引き起こし、薄毛の原因になることもあります。適度な運動は血行をよくするのにも効果的です。その上、運動はストレスを発散する効果も期待できます。

薄毛を改善する上でストレスは大敵です。運動などをしてこまめにストレスを発散するとよいでしょう。