出産後に、想像以上の抜け毛に驚いてしまったという女性は多くいるのではないでしょうか。

出産後には抜け毛が増えるとは聞いていたものの、こんなにたくさん抜けてしまって大丈夫なのか、いったいいつまで続くのかと不安になってしまうこともありますよね。

そうでなくとも産後は育児や家事などに追われ、ストレスがたまりやすいものです。
抜け毛にまで悩みたくないという方に向けて、産後の抜け毛に効果的な育毛剤の選び方について紹介します。

産後は抜け毛が多くなる?

一般的に、産後には抜け毛が増えることが多く、これにはホルモンバランスが影響を及ぼしています。女性ホルモンにはプロゲステロンとエストロゲンの2種類があり、妊娠していない状態では、この2つが交互にバランスをとっています。

しかし、妊娠、出産という一大イベントによって、2つのホルモンバランスは大きく変動します。妊娠中には、プロゲステロンが増えることによってヘアサイクルが変わり、髪の毛や体毛が一時的に増える傾向があります。

しかし、出産が終わると、再びエストロゲンが急激に増え始め、それによってホルモンバランスが乱れてしまうのです。結果として、妊娠中に増えた髪の毛が一気に抜けていくという症状が起こります。

そのため、産後の場合は通常の抜け毛よりも抜ける量がかなり多くなります。髪の毛が束で抜けてしまった、浴室での洗髪後に排水溝にたまった髪の毛の量に驚いてしまったという人も多いのではないでしょうか。

産後の抜け毛は、産後2~3カ月くらいから症状が出ることが多く、何もしなくても7割ほどの女性は産後1年ほどで元の状態に戻ります。
しかし、残りの約3割の女性は自然に回復せず、放置しておくとそのまま薄毛になってしまう場合もあるのです。

産後に抜け毛が多くなる原因は他にもある!

産後に抜け毛が増える原因は、ホルモンバランスの乱れだけではありません。育児による慢性的なストレス、睡眠不足、運動不足といったことも、抜け毛を増長させる場合があります。

出産によるダメージから十分に身体が回復していない中、出産後はどうしても赤ちゃん中心の生活にならざるを得ません。乳児のお世話によってほとんど寝られないことによる疲労や育児への不安によって強いストレスを感じることもあるでしょう。

また、新生児は眠っている時間も短く、すぐに起きて呼ばれてしまうため、1日3回の食事をきちんと取ることも難しいことが多いですよね。強いストレスと栄養不足によって身体の回復がさらに遅れ、毛髪の発達にも影響が出てしまうのです。

一般的に、ホルモンバランスの乱れによる抜け毛は、半年~1年以内には落ち着きます。それ以上、抜け毛が続いている場合は、ホルモンバランス以外のことが原因となっている可能性が高いので、放置しないようにしましょう。

産後には育毛剤が効果的?

一時的とはいえ、出産後には抜け毛が多くなる傾向があります。
自然回復といっても時間がかかりますよね。

なかなか思うように回復しないため薄毛が気になって外出を控えてしまい、それがさらにストレスになるという悪循環にもつながってしまいます。

抜け毛によって、さらにストレスを抱えるくらいならば、育毛剤を使うほうが健康的です。育毛剤を使うことによって、自然に任せるよりも早い回復が期待できます。
そのため、産後の女性の中には、育毛剤を使用する人も増えています。

産後に抜け毛が起こる女性のうち、約3割がそのまま薄毛になってしまう恐れがありますので、万が一の場合を考えて育毛剤で薄毛予防をしておくと安心でしょう。

産後でも安心な育毛剤の選び方

育毛剤を選ぶ際は、産後でも安心して使えて産後の抜け毛に効果が高いものを選びましょう。産後2~3か月というと、授乳中という人も多くいるでしょう。

無添加、低刺激なものなど、授乳に影響の少ない安全なものを選ぶ必要があります。産後の脱毛は自然現象ですので、頭皮の乾燥を防ぐことと、血行促進が大事です。
保湿性が高く、血行促進作用がある育毛剤を選ぶことで、抜け毛の症状が改善されやすくなります。

また、頭皮も皮膚ですので、本格的に使用する前には、可能であればサンプルをもらって事前に試すようにしましょう。
皮膚の状態は個人差がありますので、かゆみや赤みなどの副作用が起きないものを選ぶことが大事です。

もし、使用しているうちにそういった症状が現れた場合は、すぐに使用を中断して、皮膚科などに相談するようにしましょう。

産後には避けたい育毛剤とは

産後には使用を避けたい育毛剤もあります。例えば、ミノキシジルを使用したものです。ミノキシジルは育毛に強力な作用があるとされており、男性用の育毛剤などにもよく使用されています。

しかし、強力な作用がある一方で、副作用のリスクも高くなるので、妊娠中や授乳中の女性には使用できません。

ミノキシジルを使用した育毛剤にも、その旨の注意書きが記載されていますので、十分注意するようにしましょう。ミノキシジル以外でも、医薬品に分類されるものは副作用が強いものが多く、産後にはおすすめできないものが多くあります。

また、医薬品以外でも産後や授乳中の使用を禁止しているものは使用しないようにしましょう。
たとえ抜け毛や薄毛が気になっているとしても、医薬品や副作用が強いものに手を出すことは危険です。

産後の抜け毛を軽減するコツ

産後の抜け毛に悩んでいる方は、ふだんの生活においてもできるだけ抜け毛を軽減できるように工夫してみましょう。最後に抜け毛を軽減するためのコツを4つほど紹介します。

まず1つ目は、できるだけ睡眠時間を確保することです。赤ちゃんが起きている間は、きっとお母さんは寝られないでしょう。
赤ちゃんが寝ている間に一緒に添い寝をして、1時間でも2時間でも睡眠時間を確保するようにしましょう。ストレスや疲労の回復には睡眠が大切です。

2つ目ですが、家事は必要最低限にして心身の負担を減らしましょう。産後は、赤ちゃんのための用品などが家の中に一気に増えるため、どうしても室内が雑然としてしまいがちです。常にきれいに整理整頓しなければなどと自分を追い込まずに、産後はこんなものだと鷹揚に構えておきましょう。

3つ目が、ストレスをこまめに発散できるように、夫や両親などの家族と連携することです。
悩みを相談したり、疲れているときには代わりに授乳などを手伝ってもらったりしましょう。産後には、一人で赤ちゃんの面倒をすべてみなければと思いこんでしまうこともあります。

助けてくれる相手にはどんどん頼ることが大事です。例えば、あまりにも室内が散らかっていてストレスになる場合は、代わりに片づけてもらいましょう。簡単に解決できる小さなストレスをどんどん減らしていくことで、心に余裕も生まれるようになります。

4つ目が、栄養バランスのよい食事を取ることです。朝から晩まで赤ちゃんのお世話をしているとどうしても自分の食事のことは後回しになりがちですよね。

しかし、授乳などによって普段以上に栄養を失っていますので、産後にはいつも以上にきちんとバランスのとれた栄養を取ることが大事です。家族などに栄養価の高い食事を作ってもらうなどして、栄養不足にならないようにしましょう。

特に、カルシウムやタンパク質は、髪の健康のためには必要な栄養素です。料理で摂取するのが難しい場合は、市販の栄養補給ゼリーなどを活用すると、手軽に栄養がとれて洗い物も減らせます。

これらの4つの対策を行った上で、さらに効果の高い育毛剤を利用すると、早めに元の状態に戻ることが期待できるでしょう。