ちらほらの白い毛が目立つようになってきた、白髪が増えて老けて見えるというような悩みを持っている女性も多いのではないでしょうか。

白髪は年齢を感じさせる大きな要因ですから、少しでも若く見られたいという女性にとっては嫌なものですよね。

勝手に増えていく白髪、どのように対策すればいいのかわからない人も多いでしょう。

今回は、白髪への対策として育毛剤は有効なのか、白髪の予防法などについて解説していきますので、参考にしてみてくださいね。

白髪ができるメカニズム

まずは、なぜ白髪が生えてきてしまうのか、そのメカニズムについて見ていきましょう。

髪の毛はもともと黒いものだと思っている人も多くいますが、これは違います。実は、髪の毛には色がなく、もともとは白髪なのです。

しかし、私たちの髪は黒や茶色というように色がついていますよね。これはメラニン色素の働きによるものです。

髪が作られる過程でメラニン色素と合成されて黒い髪が生えてきます。そのため、メラニン色素がない状態で育った髪は本来の白い色で生えてきて、これが白髪になります。

そのため、黒い髪がいきなり白くなることはありません。一度黒く生えてきた髪から色素が抜けて白くなることはないとされています。

白髪になる髪の毛は生え始めから白いか、もしくは生えている途中でメラニン色素がなくなり根元が白くなるといったものが一般的でしょう。

メラニン色素が合成されない理由としてはいくつかあるのですが、メラニン色素が作り出せなくなった、毛母細胞のシステムが狂ってしまってメラニン色素を受け入れなくなったなどの理由が考えられます。

白髪の原因は加齢?

メラニン色素がなくなることによって白髪になるといいましたが、なぜメラニン色素はなくなってしまうのでしょうか。

まずは、遺伝や体質といった原因が考えられます。遺伝についてはまだ詳しく解明されていないのですが、色素に関しては遺伝すると言われています。そのため、色素が関係している白髪が遺伝してもおかしくはないと言われています。

ストレスも大きな関係があるでしょう。メラニン色素は頭皮にあるメラノサイト細胞で作られています。このメラノサイト細胞は神経細胞から分かれたものだと言われているので、精神的な影響を受けやすくストレスに弱いのです。

ストレスを受け続けることによって、メラノサイト細胞の活動が弱まり、メラニン色素の生成も鈍くなってしまうでしょう。そうなると、髪を黒くすることができずに、白髪のまま生えてきてしまうことが多くなるのです。

また、ストレスを感じることで血流も悪くなり、頭皮に栄養が回りにくい状態になることも白髪が増える原因として考えられています。

また、栄養不足も関係があります。栄養が不足すると、髪の毛にまで十分に栄養が回らずに健康な髪が作られにくくなります。

髪を作るためには良質なタンパク質が必要なのですが、タンパク質が不足していると生命にかかわるような部分に優先的に供給されます。

命に直接かかわりのない髪や頭皮は後回しにされるため、十分な栄養が供給されなくなるのです。加えて、メラニンの生成にはミネラルが不可欠です。

不足してしまうと黒々として艶やかな髪は作られなくなるでしょう。その他にも、ビタミンや葉酸などが不足していると血液の流れが悪くなり栄養が頭皮に上手く回らない場合もあります。栄養不足は抜け毛や白髪に大きな関係がありますから、バランスの取れた食事を心がけましょう。

さらに、薬の副作用という可能性もあります。なんらかの病気を患って服薬している場合には、副作用で白髪が増えることもあるようです。

育毛剤は白髪対策になる?

白髪対策のために育毛剤を使用している女性もいるかもしれませんが、白髪に育毛剤は効くのでしょうか。

まず、育毛剤はそもそも薄毛対策のために使用するものです。

育毛剤は頭皮の状態を清潔にしたり血流を良くしたりといったことや、栄養を与えて健康な髪を作るということが主な目的ですから、一般的に見て白髪対策には有効性が高いとは言えないでしょう。

しかし、白髪の原因によっては効果を発揮する場合もあります。ストレスや栄養不足などで血流が悪くなっている場合には、育毛剤を使うことで血行が良くなり栄養が回り始めるということも考えられます。

また、栄養補給されたことで健康な髪が作られやすくなるという効果もあるでしょう。このように、場合によっては育毛剤が効果を発揮することもあります。

しかし、すべての白髪に効くというわけではなく、白髪対策として有効な手段であるとは言えないので注意してください。

白髪で悩んでいる場合の育毛剤の選び方

白髪で悩んでいて育毛剤を使ってみたいという場合に、どのようなものを選べばいいかわからないという人も多いでしょう。

白髪対策として育毛剤を利用するのならまずは、頭皮に栄養を与えられるものを選ぶのが効果的です。栄養不足などから白髪になっている場合には、頭皮に栄養を補給することが重要になります。

そのため、頭皮に効果のある栄養が含まれているものを選ぶようにするといいでしょう。血行促進効果があるようなもの育毛剤もいいですね。ストレスや栄養不足の場合には、血行不良になっているケースも多いです。

それを改善することによって栄養を頭皮全体に行き渡らせることができるので、白髪の解消も期待できます。

ホルモンバランスを整えてくれるものもいいでしょう。ホルモンバランスが崩れてしまうと、自律神経が乱れて血行不良などが起こりやすくなります。

また、ホルモンバランスの崩れは薄毛などにも関係してきますから、健康な髪を育てるためにはホルモンバランスを整える成分が入っているものを選ぶようにすると効果的です。

さらに、刺激という点にも気を付けましょう。刺激が強すぎるものは、頭皮にダメージを与えてしまい逆効果になることもあります。

人それぞれ頭皮の強さには違いがありますが、できるだけ低刺激なものを使った方が、頭皮や髪に与えるダメージも少なく、健康的な髪を育てていくことができます。

刺激が強くて頭皮に合わないということだと、炎症などが起こる可能性もあるので注意してください。

白髪の対策方法とは?

白髪の原因やメカニズム、育毛剤との関係を知ったところで、すでに生えてきてしまった白髪はどうすればいいのか、その対策について見ていきましょう。

まず、大事なことは、一度白髪として生えてきた髪の毛が黒くなることはない、ということです。

白髪が生えてきたからと栄養などに気を付けたとしても、成長してしまった白髪を黒い髪にすることはできないということを覚えておきましょう。

そのため、生えてきてしまった白髪に対する対策は、白髪が目立たないように工夫するということに尽きます。例えば、白髪が目立たないような髪型にしてみるということもいいでしょう。

しかし、白髪が髪の奥の目立たないところにある場合はいいのですが、表面に多くある場合には髪型で隠すのはなかなか難しいものです。そのような場合には、白髪染めを使うのもひとつの方法でしょう。

白髪は通常のヘアカラーでは染まりませんから、白髪用のヘアカラーを使う必要があります。

自分の好きな髪型を楽しみたい、隠すのが難しいぐらいに白髪が多くなってきたという場合には、白髪染めの検討をしてみてはどうでしょうか。

知っておきたい!白髪の予防法

生えてきてしまった白髪を黒くすることはできないので、あらかじめ白髪にならないように予防することが大切です。白髪を予防したいのならまず、生活習慣を改めるようにしましょう。

栄養バランスの取れた食事をする、睡眠を十分にとる、軽く運動するなど、喫煙や飲酒をしすぎないなど生活習慣に気を付けることで、ある程度予防することが可能です。

特に、髪の生成にはタンパク質が重要ですから、良質なタンパク質を摂るようにしましょう。

また、頭皮のケアも大切になります。頭皮を清潔な状態に保つ、栄養が行き渡るように血行促進のマッサージをするなど日ごろからケアすることを心がけてください。

頭皮のケアという意味では紫外線などといった外的ダメージをなるべく避けるようにすることも大切です。紫外線を浴び続けると、細胞が傷付きメラノサイトの機能が低下する可能性があるのです。

帽子をかぶる、髪や頭皮にもUVケアをするなど予防のために紫外線を避けるようにしましょう。

さらに、ストレスを溜めないことも重要です。ストレスは、メラノサイトの働きを鈍くします。そのため、白髪が増える原因になりますから、ストレスには気を付けましょう。

生活していく中でストレスを感じないということは難しいですが、発散方法を見つけてストレスを溜めないようにすることが大切になります。