育毛剤というと男性用のイメージが先行してしまいがちですが、女性でも加齢やホルモンバランスの変化などによって毛量が減ってくることがあります。

そのような時には、女性も育毛剤の使用を検討することがあるでしょう。育毛剤は、日本だけでなくさまざまな国で製造されています。

そのように多様な種類がある中で、特に女性にはどのような育毛剤が効果的なのでしょうか。
今回は、育毛剤の特徴やその選び方についてご紹介していきます。

日本の育毛剤の特徴

まず、日本製の育毛剤はなんといっても安全性の高さに定評があります。また、日本人のために開発され、日本で販売しているというところから成分などに関しても日本人に合わせて作られている点も日本製育毛剤の特徴の1つです。

海外の人と比べると体格も異なるので、日本人の体格に合わせて作られている点は嬉しいポイントですね。さらに、日本製のものは低刺激であることが多いため、肌が弱い人でも試しやすくなっています。

しかし、反対にデメリットとしては価格の高さが挙げられます。品質の高さが評価されている分、海外製よりややお値段が張ってしまいます。

海外の育毛剤の特徴

続いて、海外の育毛剤のメリットは、低価格で販売している商品もあるという点です。はじめて育毛剤を使うので、まずは少し試してみたいという時でも始めやすい価格だとありがたいですね。

また、海外の育毛剤ブランドの中には世界中に展開している製品もあるため、世界的に有名な育毛剤であることもあります。世界中で多くの人が使っているという安心感があります。

反対に、デメリットとしては海外の人の体格に合わせて作られている点が挙げられます。日本人に比べて体格が大きな人が多い海外の製品は、日本人が使うには効果が強すぎる可能性もありますので、注意が必要です。

女性が海外の育毛剤を購入する際の注意点

海外製の育毛剤は、一般的に日本製のものより有効成分が多めに配合されていることが多いです。日本では医師の処方が必要なくらい強い成分でも、市販で購入することができる場合もあります。

簡単によく効く育毛剤が手に入るのならお得、だと思う人もいるかもしれませんが、よく効くということは効きすぎる可能性もあるということです。成分が多めに配合されていることで、効果が高くなる反面、副作用の心配が出てきます。

日本製のものでは薬事法の規定で含有量が決まっているような、副作用の可能性のある成分が海外製だとその国独自の規定で含有量が多くなっている場合もあります。そのため、日本製のものよりも副作用に気をつける必要があるのです。

さらに、海外製の育毛剤は偽物の商品が混ざっている可能性が高くなります。海外から個人輸入で育毛剤を購入した場合、ラベルだけが張り替えられていたり、容器だけ同じものを使っていたりして、中身は全く別の成分が入っているということもあり得ます。

海外製の育毛剤を購入する場合には、信頼できるサイトなどから必ず正規品を購入するようにしてください。

効果的な育毛剤を選ぶポイント

育毛剤を選ぶポイントの1つ目は、有効成分は何か、どれだけ配合されているかということです。脱毛の原因は人によって異なります。

例えば、頭皮の血行不良による脱毛なのか、男性ホルモンの働きによる脱毛なのか、といった違いでも選ぶ育毛剤は変わってきます。

それぞれの育毛剤の有効成分をチェックして、自分の脱毛の原因に合ったものを選ぶことが大切です。さらに、有効成分がどれくらい配合されているのかも同時に確認しておきましょう。

はじめから有効成分の含有量が多すぎるものを選んで副作用が出てしまうと、長く使い続けることができませんので注意してください。

2つ目のポイントは、肌に優しい成分で作られているかどうかです。育毛剤には、有効成分の他に劣化を防ぐための防腐剤などの添加物や、効果が強すぎる有効成分が配合されているものがあります。

特に、肌が弱い人や、体調が優れない人が使うと具合が悪くなってしまったり、肌荒れを起こしてしまったりする可能性もあります。効果が出るまで、長く使い続けるためには肌への刺激が少ないことも大切ですので選ぶポイントにしてください。

最後のポイントは、アルコールが多く配合されていないかです。アルコールは、頭皮の血管を刺激して血流を良くしたり、頭皮の皮脂汚れなどを分解して有効成分を毛根に行き渡らせるのを助けたりする役割をしています。

しかし、あまりに多くアルコールが配合されていると、その刺激が強すぎて頭皮にダメージを与えてしまうこともあります。

また、殺菌効果が高いため頭皮の悪い菌のみでなく健全な皮膚を保つための菌までも殺菌してしまう可能性もあります。そのため、安心して育毛剤使うためにはアルコールの含有量が多すぎない育毛剤を選ぶことをおすすめします。

海外製品はどうやって買う?

海外製の育毛剤の購入方法はいくつかあります。まず、メーカーなどに直接注文する方法です。インターネットで検索すれば、メーカーのサイトが見つかりますので、そこから購入します。

この方法で購入するメリットは、偽物を購入させられるリスクをかなり減らせるということです。偽物の商品は使用すると肌トラブルを起こす危険性も高いので、製造メーカーから購入できると安心できます。

しかし、外国のサイトで日本語に対応していない場合、自分で英語などを理解して注文しなくてはなりません。

また、個人輸入ということになると関税や消費税についても自分で処理しなくてはならないので、少し手間がかかってしまう点がデメリットです。

続いての方法は、代行業者に頼んで輸入してもらうやり方です。輸入代行業者が発注や輸送の仲介をしてくれるため、自分で手続きを行う手間が省けます。

代行業者に日本の会社を選べば、自分で英語の翻訳を行う必要もないので安心です。さらに、業者によってはクーポンやキャンペーンで送料が無料になったり、割引されたりすることもあるためかなりお得に育毛剤を購入することができます。

注意すべき点は、信頼できる代行業者を選ぶということです。業者によっては、偽物を販売して利益を得ている会社も残念ながら存在します。口コミなどを参考にしながら、きちんと正規品を取り寄せてくれる業者を選んで注文しましょう。

最後に紹介するのは、海外の通信販売会社で注文する方法です。海外の通信販売会社でも、日本への販売に力を入れているサイトであれば、日本語対応をしている場合もあります。通販感覚で育毛剤を購入できる点は嬉しいですね。

しかし、こちらも先ほどと同じように正規品ではない商品が送られてくる可能性があります。トラブルを防止するために、日本語での問い合わせが可能なサイトを利用するなど安全で信頼できる会社から購入してください。

日本製と海外製はどっちがおすすめ?

日本製も海外製も、それぞれにメリットデメリットがあります。日本製は肌への優しさや安全性は高いですが、価格も高くなってしまいがちで、効果が高い商品は医師の処方箋が必要です。

一方、海外製は日本では医薬品に入るような効果が期待できる有効成分が多く配合されているものが比較的低価格で手に入ります。

しかし、有効成分が強すぎて副作用の危険があったり、輸入の際には模造品に注意が必要だったりします。

女性用の育毛剤にもさまざまな種類がありますので、日本製と海外製のそれぞれのメリットとデメリットを知った上で、自分のメリットに合った方を選ぶのが良いでしょう。

安全性を1番のメリットと考えるのであれば、日本製の商品を購入することをおすすめします。