男性だけでなく、女性でも抜け毛や薄毛に悩んでいるという人が少なくありません。その症状は人によってさまざまですが、特に、「生え際が気になっている」という人が目立ちます。

しかし、抜け毛が増えたり薄毛になってしまったりするメカニズムについてはあまり知られていません。この記事では、薄毛になるそもそもの原因などについて詳しく迫っていきます。

また、効果的な育毛剤の選び方など、薄毛になってしまったときの対策についても解説していきます。

女性も生え際が薄くなる!?

抜け毛や薄毛は男性に限ったものではありません。実際、年齢を重ねるごとに頭髪の問題を抱えているという女性が増加します。

女性は加齢とともに「女性ホルモン」の分泌量が低下してくるため、それに伴って髪の毛にもさまざまなトラブルが発生しやすくなるのです。もっとも多いのは全体の髪の毛が細くなってくるという症状です。

髪の毛のコシやハリもなくなり、薄毛が目立ってきてしまいます。こういった女性特有の薄毛は若い女性でも起こるため注意が必要です。

20代から30代女性でも、ホルモンバランスが乱れてしまい、頭髪のトラブルを抱えて悩んでいるという人が少なくありません。

また、生え際の後退だけが目立つような場合は、「M字薄毛」という症状を疑う必要があります。一般的な女性の薄毛と違い、進行すると回復が難しくなってくるため早めの対策が必要です。

男性のM字薄毛は「AGA」として知られています。これは「男性型脱毛症(Androgenetic Alopecia)」の略で、自然に治癒することは期待できません。

この症状は女性にも起こることがあり、「FAGA(女性男性型脱毛症)」と呼ばれています。生え際の部分的な薄毛はFAGAの可能性が高いため注意が必要です。

女性の生え際が薄くなる仕組み

M字薄毛であった場合、女性の生え際が薄くなる仕組みは男性の場合とほとんど同じで、「DHT(ジヒドロテストロステロン)」と呼ばれる発毛阻害因子がAGAを引き起こす原因です。

DHTはもともと「テストステロン」という男性ホルモンですが、テストステロンそれ自体は頭髪に害を及ぼさないものです。

しかし、テストステロンは皮脂腺で作られる「5αリダクターゼ」という物質と結合することでDHTに変質してしまい、頭髪にダメージを与えてしまうのです。

髪の毛には「ヘアサイクル」と呼ばれる成長の周期がありますが、DHTはこのヘアサイクルを乱してしまう性質があります。

ヘアサイクルは男性が2年から5年、女性の場合は5年から6年程度といわれていますが、DHTの作用でこの周期がどんどん短くなってしまうのです。

つまり、すぐに髪の毛が抜けるようになってしまうということです。ヘアサイクルは1年未満、数ヶ月とさらに短くなり、やがて毛根の「休止期」から全く成長を止めてしまうことになります。

成長しなくなった毛球は萎縮していき、最終的には完全に消失してしまいます。ここまで進行すると、二度とその毛根は生き返らないと考えてよいでしょう。

女性男性型脱毛症って?

女性の場合は、通常男性の10分の1から20分の1程度のテストステロンしか分泌していません。そのため、テストステロンがもとになる女性男性型脱毛症は、女性の薄毛のなかでは決して多数派というわけではありません。

しかし、なんらかの理由で女性ホルモンの分泌が減少すると、相対的に男性ホルモンが優位になってしまいFAGAを発症してしまうのです。

なお、FAGAは遺伝性の薄毛であるため、放置しておくことは非常に危険です。

逆にいえば、遺伝要因を持たない人は絶対にFAGAにはなりません。まずは、薄毛の症状がFAGAなのかどうかをしっかり確認することが大切です。

女性男性型脱毛症の典型的な症状は、女性のM字薄毛です。男性のように生え際が極端に後退している場合は、真っ先にFAGAを疑う必要があります。

他にも、急に髪が弱くへたってしまうようになった場合や、ハリやコシのない髪になった場合も注意が必要です。

生え際が薄くなる主な原因

女性ホルモンには「エストロゲン」と「プロゲステロン」の二種類があることが知られています。

エストロゲンは頭髪の状態に関係している卵胞ホルモンで、「美のホルモン」と呼ばれるほど女性の見た目に大きな影響を及ぼしているものです。

加齢や体調不良などでエストロゲンの分泌が減少すると、髪の毛全体が細くなり薄毛の症状が出てくるため注意が必要です。髪の毛のボリュームがなくなると、分け目や生え際が気になってくるようになります。

また、過度なダイエットなどでコレステロールが不足した場合も注意が必要です。コレステロールは女性ホルモンの分泌に必要だからです。

さらに、ストレスも大敵です。ストレスを感じると、いわゆる「ストレスホルモン」が分泌されるため、血行に悪影響を及ぼして毛根にダメージを与えてしまいます。

特に、副腎皮質ホルモンの「コルチゾール」には注意が必要です。女性ホルモンの分泌を乱すだけでなく、体全体に重大な悪影響を及ぼしてしまいます。

その他に、睡眠不足や栄養不足でもホルモンの分泌が乱れるため、普段の生活にも気を配ることが大切です。

また、カラーやパーマ、ヘアスタイリング剤なども刺激が強すぎると毛根にダメージを与える恐れがあるため、慎重に対応する必要があります。

生え際に効果的な育毛剤の選び方

生え際が気になってきた場合、育毛剤を使用することも有効な対処の方法です。その際は、自分の症状に合わせた適切なものを選択することが大切です。

弱った毛根に刺激を与えることはよくないため、できるだけアルコール配合量の少ないものなど、低刺激の育毛剤を選ぶようにしましょう。

また、ホルモンバランスを整えてくれるものを使用することも大切です。なぜなら、女性の薄毛には、ホルモンバランスの乱れが関係していることがほとんどだからです。

育毛剤にもさまざまな種類がありますが、なによりも有効成分がしっかり配合されているかどうかを確認することが重要なポイントです。

「なんとなくスッキリする」といったものではなく、薄毛に効果的な信頼できる育毛剤を選ぶことが必要です。また、血行促進効果が期待できるかどうかも確認しましょう。

毛根の育成や髪の毛の成長は、血行に大きく左右されるからです。

生え際の薄毛を改善するためのポイント

生え際の薄毛を改善するためには、女性ホルモンの分泌を正常化させることが非常に大切です。

加齢などで女性ホルモンが減少してきたと感じた場合は、大豆などを多く食べれば積極的に女性ホルモンの分泌を促すことができます。また、ストレスをこまめに発散するように工夫することも大切です。

ストレスは女性ホルモンの分泌を阻害することで知られているからです。

ストレスを感知するのは脳の中にある「扁桃体」ですが、女性ホルモンの分泌を指示する「視床下部」のすぐ近くにあるため、非常に強い影響力を持っているのです。

ストレスが貯まるとホルモンの分泌が乱れてしまうのには、こういった理由があるのです。

薄毛を改善するためには、規則正しい生活リズムや十分な休息も重要です。不規則な生活が続くと「自律神経の乱れ」が生じてしまい、血行にも非常に悪い影響を及ぼしてしまうのです。

自律神経が乱れると、夜間も「交感神経優位」という状態が続き、血管が収縮した状態が続いてしまいます。

こうなると血液の流れが非常に悪くなるため、毛根まで十分な栄養が行き渡らずに薄毛を進行させてしまう恐れがあります。

日中は日光にあたって体内時計を整えて、夜は早めに休むなど、生活のサイクルを正常に保つことが大切です。