育毛剤には、男性用と女性用がありますが、どちらも毛を増やす目的の薬なのだから、男性用も女性用もそんなに違いはないのではと考えている人は多いようです。

女性の中には、こっそりと旦那さんの育毛剤を使用している人もいるでしょう。しかし、女性が男性用の育毛剤を使用しても、思うような効果を期待できません。

なぜなら、男性用育毛剤と女性用育毛剤は全く異なるものだからです。適切な効果を得るために正しい育毛剤を選べるよう、男性用育毛剤と女性用育毛剤の違いをご説明します。

男性における薄毛の原因

男性が薄毛になる原因は、ほとんどの場合が男性型脱毛症(AGA)に起因しています。

男性型脱毛症(AGA)は、男性ホルモンの一種であるテストステロンが毛乳頭細胞に取り込まれてジヒドロテストステロン(DHT)に変換されることにより、毛母細胞の再生を阻止するシグナルを送り、ヘアサイクルを乱すことにより起こります。

テストステロンがジヒドロテストステロン(DHT)に変換されるプロセスには、5αリダクターゼという変換酵素が大きく関係しています。

ジヒドロテストステロン(DHT)は、テストステロンの10倍から30倍の強さを持ち、テストステロンには毛を太く長くする作用があるのに対し、ジヒドロテストステロン(DHT)は毛根を委縮させてしまうのです。

ジヒドロテストステロン(DHT)によって乱されたヘアサイクルは通常のヘアサイクルよりも短くなり、しっかりとした毛に育つ前に抜けてしまうため、産毛のような毛しか生えなくなってしまいます。

また、休止期から成長期へと移行せず、消滅してしまう毛根も増え、どんどん薄毛が進行していくのです。

男性用の育毛剤の特徴

男性用育毛剤は、男性型脱毛症(AGA)を引き起こす直接的な原因となるジヒドロテストステロン(DHT)の生成に関わる5aリダクターゼの働きを抑制することをメインに作られています。

5aリダクターゼを抑制する成分としては、キャピキシル、リデンシル、オウゴンエキスなど多くの成分があります。

また、皮脂の過剰分泌も抜け毛の原因であるため、皮脂の分泌を抑える成分が配合されているのも特徴です。皮脂の過剰分泌は、毛穴が塞がれ呼吸ができず毛の成長が止まったり、皮脂が酸化して毛根にダメージを与えたりして抜け毛を促進させてしまいます。

皮脂の過剰分泌を抑える成分には、ビタミンBや海藻エキス、イオウなどがあります。

そして、男性用育毛剤は一般的に刺激が強い傾向があり、女性用育毛剤と同じ成分が配合されている場合でも、配合量は女性用より多くなります。

女性における薄毛の原因

女性の薄毛の原因は、ホルモンバランスの乱れが大きな要因となりますが、大きく6つのタイプに分類されます。

1つ目の女性男性型脱毛症(FAGA)は、髪の毛1本1本が細くなり地肌が透けて見えるようになるタイプの薄毛です。
男性ホルモンが多くなり女性ホルモンが減少することによって起こります。女性の男性型脱毛症であるため、女性男性型脱毛症(FAGA)と呼ばれています。

2つ目は慢性休止期脱毛症で、何らかの理由で休止期に入る毛根が増えてしまうタイプの薄毛です。
正常なヘアサイクルにおいては、成長期の髪が85%から90%、退行期の髪が1%、休止期の髪が10%から15%という割合となりますが、
慢性休止期脱毛症では本来成長期であるはずの髪が休止期に入り薄毛が進行していきます。

3つ目はびまん性脱毛症で、頭髪が全体的に薄くなるタイプの薄毛です。
ホルモンバランスの乱れが原因であるため、女性男性型脱毛症(FAGA)の一種とみなされることもあります。
髪の毛にボリュームが無くなり、つむじが目立ったリ、スタイリングしにくくなるのがサインだとされています。

4つ目は円形脱毛症で、ストレスにより頭髪の一部が円形に抜け落ちるタイプの薄毛です。
一般的には、大きなもので500円玉大の大きさですが、数か所の脱毛箇所が見られると共に、何度も繰り返し脱毛することもあり、最終的に全頭性の脱毛症に進行することもあります。

5つ目は産後脱毛症で、産後のホルモンバランスの変化によって抜け毛が増えることで起こる薄毛です。
一般的には産後半年から1年程で改善しますが、2年以上続く場合はホルモンバランスの変化以外の要因が考えられます。

6つ目は脂漏性脱毛症で、皮脂の過剰分泌により毛穴が詰まり、毛が生えにくくなることで起こる薄毛です。
皮脂をエサとするマラセチア菌という常駐菌の異常発生が原因となります。

女性用の育毛剤の特徴

女性の薄毛の原因はホルモンバランスの乱れによるものが多いため、女性用育毛剤はホルモンバランスを整えることをメインに作られています。

ホルモンバランスを整える成分としては、抗男性ホルモン成分であるチョウジやオウゴンエキス、ホルモンバランスを調整する成分であるヨモギエキス、カンゾウエキス、フラボステロンなどがあります。

また、頭皮の乾燥は頭皮トラブルを引き起こし抜け毛の原因ともなるため、保湿成分が多く配合されているのも特徴です。トレハロースやヒアルロン酸、ベニバナエキスなどの有効成分があります。

女性用育毛剤は、男性用育毛剤と比べ刺激が少なく、デリケートな女性の肌に合わせて作られているのも大きな特徴といえるでしょう。

女性は男性用の育毛剤を使ってはいけない!?

女性と男性の薄毛の原因が異なると共に、育毛剤に配合されている成分も大きく異なります。

男性用育毛剤には、女性の薄毛に効果的な成分がほとんど入っておらず、長く使い続けても育毛効果を得るのは難しいでしょう。女性用の育毛剤と比べて刺激も強いため、肌トラブルを引き起こすこともあります。

また、男性は女性と比べて皮脂の分泌が多いため、男性用育毛剤は皮脂を抑える成分が配合されていますが、女性は年齢と共に皮脂の分泌量が減少します。そのため、男性用育毛剤では、頭皮の乾燥を引き起こしてしまうでしょう。

頭皮の乾燥は、フケやかゆみ、かぶれなどに繋がることもあります。さらに、成分によっては、女性の体に良くない効果が現れる可能性も否めません。

したがって、女性は男性用の育毛剤を使わないほうが無難です。特に、妊娠中や授乳中の女性が男性用の育毛剤を使用するのは避けたほうが良いでしょう。

女性に効果的な育毛剤の選び方

女性に効果的な育毛剤を選ぶポイントとしては、薄毛の原因に合わせたものを選ぶことが大切です。

女性男性型脱毛症(FAGA)や慢性休止期脱毛症、びまん性脱毛症なら、ミノキシジルやアルファトラジオールなどの有効成分が配合されたもの、円形脱毛症ならステロイド外用薬や塩化カルプロニウム外用薬、産後脱毛症なら保湿成分が配合されているもの、脂漏性脱毛症なら抗炎症作用のある有効成分が配合されているものがおすすめです。

また、年齢によっても効果的な育毛剤は異なり、10代や20代の若年層での薄毛には、ホルモンバランスに重視したものよりも、血行促進や保湿に比重を置いている育毛剤を選ぶのが良いでしょう。ホルモンの分泌が減少する40代以降なら、ホルモンバランスを整える成分が配合された育毛剤が効果的です。

また、育毛剤は、1ヶ月や2ヶ月で効果を実感できるわけではなく、半年から1年という長いスパンで使い続けることが必須となります。そのため、頭皮に優しい無添加など、低刺激なものを選ぶことも大切になります。

そして、値段的にも無理なく続けられるものであることも大切です。高品質な育毛剤を使っても、値段が高すぎて継続して使い続けられないなら意味がありません。経済的に負担が少ないものを選ぶのが賢明です。