女性にとって髪の毛というのはとても大事なものであり、年齢ごとにさまざまな悩みを抱えていてその深刻度も年齢とともに変化していきます。特に50代の女性はホルモンバランスが大きく変化することによって今までには無かったような身体的変化があらわれます。

それは髪の毛に対しても例外ではなく、50代の女性が経験する髪の悩みはそれまでの年代の女性が抱える悩みとは大きく異なります。
それらの悩みを解決するには育毛剤の活用を検討してみましょう。

50代女性の髪の悩みと主な原因

50代の女性が抱える髪の毛の悩みにはさまざまなものがありますが、その中でも特に多くの50代女性が抱える悩みの1つに髪の毛が今までと比べると薄くなってきたということがあげられます。

髪の毛が薄くなっていく要因としては髪の毛が今までよりも細くなってきていることによって髪の毛と髪の毛の隙間が目立ってきたことによるものや、抜け毛が増えて髪の毛の密度が減っていくという理由があります。

50代になると、それまでに比べて髪の毛にハリやコシが無くなってきたと感じる女性も多いようです。

若い女性の髪の毛というのはハリやコシが強いため、整髪料を使わなくてもふんわりとボリューム感のある髪の毛なのですが、年齢を重ねるごとにボリューム感が無くなっていき、分け目が目立つようになります。

こういった50代女性の多くが抱える髪の毛のトラブルが引き起こされる原因についてはいくつかありますが、その1つとして閉経によるホルモンバランスの変化があげられます。

また、加齢によって毛細血管が減少したり血管自体の機能が低下したりすることも大きく影響します。血管の機能が低下すると髪の毛に十分な栄養が運ばれないため細い髪の毛やコシやハリがない髪の毛しか生えてこなくなります。

その他にも、生活習慣の乱れや日々のストレスは年齢に関係なく髪の毛に大きな悪影響を与えます。

50代は更年期!?

40代後半から50代の女性は更年期と呼ばれる年代です。更年期になると卵巣の機能が衰え、女性ホルモンの1つであるエストロゲンの分泌量が大きく減少します。

エストロゲンの分泌量の減少によって女性の身体には今までにないようなさまざまな変化があらわれ、それが更年期障害と呼ばれる女性特有の症状を引き起こします。

更年期障害の女性によくみられる症状としては体のほてりや動機、めまいなどが代表的なものですが、それ以外にもさまざまな症状があらわれます。抜け毛や薄毛など髪の毛のトラブルも更年期障害によって引き起こされる症状の1つです。

もし、40代以降に髪の毛のトラブルに悩まされることが多くなったのであれば更年期障害が原因となっている可能性があります。

育毛剤を選ぶコツ5選!

髪の毛のトラブルに悩んでいる女性にとって有効なケアの1つに育毛剤の使用があります。

特に、女性は育毛剤を使用することに抵抗がある人も多いですが、実際には想像している以上に多くの女性が育毛剤を愛用しています。

現在育毛剤はとてもたくさんの商品が販売されていて、それらの中には使用してもまったく効果を得られないものも混じっていることも事実です。

より良い育毛剤を使用するためにはいくつかのチェックしておきたいポイントがあります。

まず必ずチェックしておきたいのが育毛剤に含まれている有効成分についてです。育毛剤の中には有効性分自体が含まれていないものもあるので、有効成分の有無はしっかりチェックしましょう。

更に含有量も重要で、いくら有効成分が入っていても含有量が微々たるものだと全く効果がありません。

有効成分に関してはどういった効果があるのかを事前に調べ、毛根を活性化してくれそうなものを購入すると良いでしょう。

頭皮の環境が悪化している人はそれ以外の成分もチェックしておきたいところです。

保湿をしてくれるような成分や、頭皮に刺激にならないような成分を使用している育毛剤を使うと頭皮のトラブルも徐々に改善していきます。

もう1つ、女性の抜け毛の悩みの1つにホルモンバランスの変化があるため、ホルモンバランスを整えてくれるような成分が含まれていると優秀な育毛剤と言えるでしょう。

50代女性は食事にも気を配ろう!

髪の毛は食事によって摂取される栄養素を利用して作られます。したがっていくら育毛剤を使用して髪の毛のケアに努めていても、食生活が乱れていたのではその効果は半減します。身体の内側からも髪の毛の問題改善に努めるようにしましょう。

特に、髪の毛の成長にはタンパク質が必要不可欠です。手軽にタンパク質を摂取できる食材の1つには卵があります。

卵にはタンパク質だけではなくミネラルや鉄、亜鉛など髪の毛にとって有効とされる成分を多く含んでいます。卵のコレステロールが気になる女性も多いですが、極端に食べ過ぎなければ問題ありません。

そして、女性にとって特に髪の毛の改善に有効な食材として豆腐や納豆に使用されている大豆があります。

大豆もタンパク質やビタミンBなど髪の毛にとって有効な栄養素を多く含んでいますが、中でも、大豆イソフラボンと呼ばれている成分が女性にとってとても重要です。

大豆イソフラボンは体内に摂取されると女性ホルモンと似たような働きをするという特徴があります。

したがって、大豆製品を積極的に食べることによって低下した女性ホルモンを補修することができるのです。

とはいえ、髪の毛に有効な成分を含んでいる食材ばかり食べるのもあまり良くありません。それ以外にもさまざな栄養素を摂取するよう心がけましょう。

髪の毛だけではなく、身体全体を内側からケアするにはバランスのとれた食事を意識することが重要です。

日常生活で気を付けたいこととは?

日常生活を気をつけることによっても髪の毛の改善は期待できます。

特に、50代女性は子供の世話もひと段落ついているという状態が多く、自由な時間が増えたせいもあってついつい生活リズムが乱れがちになります。

例えば、予定が無くても決まった時間に起床し、夜はあまり遅くまで起きないようにするなど、規則正しい生活習慣を心がけるようにしましょう。

また、髪の毛は成長ホルモンによって伸びてくるのですが、成長ホルモンは就寝時に多く分泌されます。

そのため、睡眠時間が不十分だと髪の毛の成長に必要な成長ホルモンが十分に分泌されず、不完全な髪の毛となります。したがって、睡眠時間もしっかり確保するよう心がけましょう。

先の項目でで詳しく解説した栄養バランスのとれた食事を心がけるというのもある意味日常生活改善の一環といえます。髪の毛に十分な栄養が供給されなければ健康で強い髪の毛は育ちません。

私たちは日々の生活のさまざまな場面でストレスを受けますが、ストレスを溜め込むことは髪の毛だけではなく身体全体に悪影響を及ぼします。

ストレスを受けない生活というのはかなり難しいので、ストレスを感じたらこまめに解消することも大切です。自分なりのストレス解消法を見つけるようにしましょう。

その他にも、適度な運動は血行を良くしたり体のバランスを整えます。ウオーキングなど軽めのものでいいので継続して意識的に運動するようにしてください。

保湿も大切!

加齢によって減少するのは女性ホルモンだけではありません。これは、男性女性関係なく共通しているのですが、加齢にともなってコラーゲンを生成する能力は低下します。すると肌や頭皮は乾燥しやすくなるため、外部からの異物を遮るバリア能力や、水分を保つ能力が低下します。

乾燥することによって肌トラブルが発生しやすくなると頭皮の環境が悪くなって最終的に髪の毛にも悪影響を与えます。そのため、よりしっかりと保湿することによって頭皮の環境改善をすることも大切です。