30代に入ると、薄毛や白髪など髪の悩みを抱える女性が増えてきます。これは、30代に入ると肌質や髪質が変わりやすくなるためです。また、仕事や育児で多忙になりやすく、生活習慣が乱れがちになったりストレスが増えたりすることも関係しているでしょう。

髪の悩みを効果的に改善するには、悩みの原因に合った育毛剤を選ぶことが重要です。
そこで、ここでは、30代の女性の特徴を踏まえたうえで合う育毛剤の選び方を紹介していきます。

30代女性に多い髪の悩みと主な原因

30代に入ると、抜け毛の量が増え始め、髪全体がボリュームダウンしてスタイルが決まらないなどの悩みが多く見られるようになります。

また、髪のハリやコシが失われ、地肌が透けて見えたり分け目が目立つようになったりすることもあるでしょう。このような髪の悩みが起こる原因には、どのようなものがあるでしょうか。1つ1つ見ていきましょう。

まず、考えられるのが、ホルモンバランスの乱れです。女性は、30歳を境に次第に女性ホルモン(エストロゲンとプロゲステロン)の分泌量が減っていくといわれています。

エストロゲンは髪の成長を促す役割があり、プロゲステロンには髪の成長期を保つ働きがあります。そのため、分泌量が減ると抜け毛や薄毛が進んでしまうのです。

また、女性の身体にも男性ホルモンは存在しています。女性ホルモンが減ると相対的に男性ホルモンの影響が増しますので、それが原因となって抜け毛が進行することもあります。

なお、出産した後も抜け毛が増えることがありますが、これは妊娠中に多量に分泌されていたエストロゲンが一気に減るためです。この場合は一時的な変化ですので、しばらく経てば抜け毛は自然に収まるでしょう。

また、30代の女性は忙しくてしっかり食事がとれないといったこともあるものですが、これも髪の成長によくありません。摂取する栄養が不足すれば毛根にも十分に届かなくなるため、髪はしっかり育たずハリやコシを失ったり、成長期の途中で抜けるたりするようになります。これが薄毛に結びつきます。

ストレスや睡眠不足も、抜け毛や薄毛の大きな原因です。過度のストレスや睡眠不足はホルモンバランスの乱れを招きます。さらに、自律神経も崩すことがあります。

自律神経のリズムが崩れると、身体は常に交感神経が優勢になってしまい、休息することができません。興奮・緊張状態が続くため、身体の血行は悪くなってしまうでしょう。

栄養は血液によって細胞に運ばれますので、血行が悪くなると髪に必要な栄養が毛根に届きにくくなります。結果として、髪は元気を失い、抜け毛が増えて薄毛になるのです。

他に、運動不足も血行不良を招きますので、同じことが起こります。

30代女性の肌質や体質の特徴

30代に入ると、女性ホルモンの分泌量は徐々に減少していきます。それに伴い、多くの女性が肌質や体質が変わってきたのを感じるようになります。

例えば、しわやたるみが増えるなどの肌の変化は見た目にもわかりやすいでしょう。加えて、疲れやすい、寝ても疲れが回復しない、肩こりがひどくなったなど、身体の不調を覚えることも多くなります。

また、30代の女性は結婚や妊娠、出産など人生において大きな転機を迎える出来事が起こりやすい年代です。仕事を続けている女性なら、職場で責任ある仕事を任されることもあるでしょう。

一方で、思い通りにならない育児に思い悩む女性もいます。30代は、仕事や育児でストレスを抱えやすい年代なのです。

これらの特徴から、30代ではホルモンバランスの乱れやストレスなどによる髪の悩みが多くなるといえるでしょう。

育毛剤の選び方を紹介!

30代の女性が育毛剤を購入する際に、まず注意したいのが、有効成分が入っているか、どれくらい入っているかという点です。

有効成分とは、特定の症状に対して医薬品ほどではないものの一定の効果があると厚生労働省で認められた成分です。定められた量の有効成分が入っていれば、その育毛剤は医薬部外品になります。

有効成分が入っていなかったり、少量のみ配合されていたりする育毛剤では、育毛効果はあまり期待できないでしょう。

育毛剤に配合される有効成分はいくつかありますが、特に、毛母細胞を活性化してくれる作用があるものがおすすめです。毛母細胞とは毛根の先端の毛球部に存在する細胞で、分裂を繰り返すことで髪として伸びていきます。

30代になると毛母細胞の機能も衰え始めますので、活性化する成分が配合されているものがいいのです。

また、髪が成長するには十分な栄養が必要です。細胞に必要な栄養は血液が運びますので、頭皮の血行をよくする作用があるかどうかも重要なポイントとなります。

さらに、繰り返し述べてきたように、30代はホルモンバランスが乱れやすい時期です。ホルモンバランスを整える作用があるかどうかも重要でしょう。

しかし、どれだけ優れた成分が配合されていても、髪が生える土台である頭皮に負担をかけてしまっては意味がありません。そのため、負担をかけない低刺激な育毛剤を選ぶことも大切です。

合成香料や合成着色料などの肌に刺激となる恐れのある成分が配合されていない育毛剤なら肌に優しいでしょう。

なお、アルコール成分は多くの育毛剤に配合されていますが、肌が弱い人にとっては刺激となる可能性がある成分ですので注意しましょう。

頭皮や髪への刺激が気になる場合の対策

30代は肌質や髪質が変わる時期ですので、今まで使っていた商品が体質的に合わなくなることがあります。

ずっと使っている化粧品を肌につけたら、赤くなったといった経験をしたことがある女性もいるのではないでしょうか。

これまで問題なく使えていたものでも、肌につけたときにヒリヒリするなどの違和感を覚えたら使用は中止した方がいいでしょう。今の体質に合ったものを探し、そちらを使うようにした方が無難です。

30代になると肌質や髪質が弱くなることも多いので、なるべく低刺激のものを選ぶようにしましょう。

また、使用前にはパッチテストをして、肌に合うかどうかを確認してから使うようにすると安心です。

30代はプレ更年期!?

女性の30代は、プレ更年期ともいわれていることを知っているでしょうか。更年期とは、閉経の時期をはさんだ前後数年の期間のことです。

この時期は、頭痛やめまい、のぼせ、落ち込みなどさまざまな身体的、精神的不調があらわれます。このような不調が出るのは、女性ホルモンの分泌が急激に減少してホルモンバランスが乱れることが大きな原因です。

一般に、更年期のさまざまな症状が出るのは45~55歳といわれています。ところが、体質や体調によっては30代でも同じような症状があらわれることがあるのです。これをプレ更年期と呼んでいます。

プレ更年期の症状として、薄毛や抜け毛が挙げられます。他にも、生理不順や動悸、息切れといった身体症状、いらいらや落ち込みなどの精神面での症状など、さまざまな形であらわれます。

髪の毛のために日頃からできることとは

健やかな髪が育つためには、育毛剤に頼るだけでなく日常生活から見直すことも必要です。仕事に家事に育児にと忙しい年代ですが、できるだけ生活習慣を整えることを心がけましょう。

最初に説明した通り、30代の髪悩みが起こる主な原因は、ホルモンバランスの乱れやストレスなどです。これに、栄養不足や睡眠不足、運動不足も大きく関わっています。そのため、このような原因をできるだけ取り除くことが大切です。

できるだけ生活習慣を整え、十分に睡眠をとるようにしましょう。また、ストレスを溜めこまないことも大切です。自分なりのストレス解消方法を見つけ、適度に発散するようにしましょう。

例えば、適度に運動するとストレス発散になるだけでなく、血行もよくなりますのでおすすめです。特に、スイミングやウォーキングなどの有酸素運動が効果的だといわれています。その上、栄養バランスのとれた食生活も心がけましょう。

つまり、髪によい生活というのは、身体の健康にも肌にもよい生活なのです。このような生活を心がけた上で育毛剤を使用すれば、より育毛効果が期待できるでしょう。