髪は女の命などとも言われるように女性にとって髪は非常に大切なものです。髪は若いからといって安心することは出来ず、20代などでも髪に関する悩みを抱えている人は少なくありません。

健康な髪を保つためには育毛剤を使用するのが効果的なのですが、20代など若い人では育毛剤は少し早いのではないかと考えてしまう人もいます。

しかし、20代でも育毛剤が早すぎるということはありません。効果的な育毛剤の選び方や注意点などを紹介しますので参考にしてみてください。

20代女性に多い髪の悩み

20代の女性に多い髪の悩みとしてまずは「薄毛」があります。
薄毛と言うと男性が抱える髪の悩みというイメージも強いですが、女性でも悩んでいる人は多く若い人でも髪が細かったりして薄毛に悩まされている人は少なくありません。

次に、「抜け毛」です。薄毛とまではいかなくても、シャンプーの時に排水口に貯まる毛の量が多かったり、ブラッシングでよく抜けてしまったりすることを気にしている人は多いのです。

将来的な薄毛に繋がることを危惧して、抜け毛を悩みとしている人も増えています。

また、「つむじが目立つ」ことを悩んでいる人も多いです。つむじは少し薄くなっただけでも目立つだめ気になってしまうケースがあります。男性でも頭頂部から薄くなる人が多くいます。

さらに、「髪のボリュームが減った」というのも抱えている人が多い悩みです。

髪の量が同じでもペタンとした髪と立ち上がりのいい髪では見た目はもちろん、スタイリングのしやすさなども変わってきます。

その他にも、「生え際が薄い」という悩みも少なくありません。これも、男性にも多い薄毛の悩みに近いですが、女性の場合は男性とはまた違った理由で薄くなることがある部分です。

20代女性の髪の悩みにおける主な原因

20代女性が抱える髪の悩みには様々な種類がありますが、それらの悩みの原因となるのはどのようなものなのでしょうか。

まずは「遺伝や体質」があります。髪質などは親からの遺伝がかなり強い影響を受けますので、親も同様の悩みを抱えてきたというケースは少なくありません。

もちろん「加齢」も原因となる要因です。20代であっても加齢によって体は様々な影響を受けるものなので、髪も加齢によって髪質が変化するなどといったケースは珍しいものではありません。

「ホルモンバランスの乱れ」も髪には大きな影響を与えます。いわゆる男性ホルモンや女性ホルモンといったものがありますが、女性でも男性ホルモンはありますし、そのバランスが上手く取れていないと抜け毛や薄毛などを引き起こす可能性があるのです。

また、オシャレのためにカラーやパーマをしているという人も多いですが、「カラーやパーマなどによる髪や頭皮への過度な負担」も髪の悩みの要因になるものです。

他にも「ストレス」や「生活習慣の乱れ」なども髪の悩みにおける原因になるものになります。なお、薄毛の原因はどれか1つというよりは、ストレスや生活習慣の乱れなどによってホルモンバランスが崩れるようになるなどと原因が複合していることが多いです。

育毛剤の主な種類

育毛剤と一口に言ってもドラッグストアやネットなどで数え切れないほどの商品が売られていますので迷ってしまうことも多いでしょう。

どれを選ぶかの前に、まずいわゆる育毛剤とされているものは3種類に分けられるということを理解しておきましょう。

その3種類は医薬品・医薬部外品・化粧品の3種類です。まず、「医薬品」についてですが、育毛剤というよりも発毛剤と呼ばれ、毛が生えていないところ、生えなくなってしまったところから新たに発毛させるためのものです。

次に、育毛剤は「医薬部外品」になります。育毛剤は今生えている毛を太く強くしたり、髪が生えやすくなる頭皮環境を作ったりすることが可能です。そのため、20代でも使用が早すぎるということはありません。

最後に、「化粧品」に分類されるのは養毛剤などとして発売されており、頭皮を保湿したり頭皮のコンディションを整えたりするために使用されるものです。

医薬品と医薬部外品は求める効果が異なりますので、髪を生やしたい人は医薬品を使用し、今ある髪を保ちながらより健康的な髪にしたいという場合は医薬部外品を使用するなど目的に応じて使い分けをするのがベストでしょう

効果的な育毛剤の選び方とは?

実際に育毛剤を使用するとなった場合、色々と商品があり迷ってしまうかもしれませんが、見るべきポイントをしっかりと押さえて選ぶようにしましょう。

まずは、「どんな有効成分がどれ位入っているのか」です。育毛剤は商品それぞれにメインとなる有効成分がありますので、それがどのくらい含まれているのかは重要なポイントです。ボトルの裏側などに成分表示などがありますのでよく確認しましょう。

さらに、「頭皮の血行をよくしてくれるか」も重要なポイントです。頭皮というのは筋肉がなく体の頂点部分なのでどうしても血行が悪くなりやすくなります。そのため、きちんと栄養が届けられにくく、頭皮の血行を良くするのは育毛の基本条件でもあります。

髪をより太く強くするための「毛根を活性化してくれるか」も重要なポイントになるでしょう。栄養が届けられにくく髪の生育力が衰えてしまっている場合には、毛根を活性化させることで、元通りの強い髪を生やしてくれるようになる可能性が高くなります。

その他にも、ホルモンバランスが崩れてしまっている場合には、「ホルモンバランスを整えてくれるか」も気になるポイントです。

また、「刺激が強すぎないか」も注意しなければならないポイントになります。刺激が強すぎる場合にはいくら髪や頭皮に良い成分が入っていても、逆効果になるばかりかトラブルを引き起こす原因になる可能性もあるからです。

育毛剤を選ぶ上での注意点

20代女性が育毛剤を選ぶ上で注意しなければならない点は3つです。

まずは、「自分の悩みに合ったものを選ぶ」ということです。育毛剤には色々な種類がありそれぞれ特徴が異なるので、育毛剤なら何でも良いのではなく自分の悩みに合ったものを選ばないと思ったような効果は得られません。

2つ目は、「肌が強くない場合は、低刺激のものを選ぶ」ということです。育毛剤の中には効果が強い反面、刺激も強いものがあります。肌の強さは人によって異なりますので、肌が弱い人は刺激の少ないものを選ばないと頭皮にトラブルを引き起こしてしまいます。

3つ目は、「女性用の商品を選ぶ」ということです。育毛剤は男性向けのものもあれば女性向けのものもありますが、女性が使用する場合には必ず女性用を選ぶ必要があります。男性と女性では髪の悩みの原因が異なることも多いですし、ホルモンバランスも異なるので女性に合わせたものを使用するということが大切です。

日常生活での心得4選!

育毛剤はそれ単体でも使用を続けることで効果を期待することは出来ますが、育毛剤を使用する以外の日常生活でも気をつけるべきことが4つあります。

まず1つ目は、「生活習慣を整える」ということです。生活習慣が乱れるとホルモンバランスが崩れたりして髪にしっかりと栄養を届けるのが難しくなり、薄毛や抜け毛を引き起こしやすくなります。

2つ目は、「十分な睡眠をとる」ということです。人間は寝ている間に修復したり成長したりしますので、時間だけでなく質の良い睡眠をとることは髪にも非常にいい影響を与えます。

3つ目は、「ストレスはこまめに発散する」ということです。ストレスは溜め込むことで髪を含め全身に様々な悪影響を及ぼします。趣味などを通しストレスをこまめに発散することは髪にとっても大切です。

4つ目は、「栄養バランスのいい食事をとる 」ということです。髪はタンパク質によって作られていますが、髪を作るためには亜鉛などのミネラル成分なども重要です。バランスのいい食事をすることで健康な髪が作られやすくなります。

これらを気をつけることが育毛剤の効果を最大限に引き出すためにも重要となる日常生活の心得です。